医療法人社団 康心会 湘南東部総合病院・湘南東部クリニック

医療法人社団 康心会の基幹病院です。医療法人社団 康心会は、ふれあいグループの法人です。

【代表電話】0467-83-9111
【予約電話】0467-83-9192(8:00〜17:00)
【救急受付】0467-83-0099(24時間) 救急診療のご案内

診療科案内

手術支援ロボット ダ・ヴィンチ

ロボット手術「ダ・ヴィンチ」の実力~お腹を開けずに腹腔鏡でおこなう最先端手術支援ロボット手術~

ロボット支援下手術システム「da Vinci(ダ・ヴィンチ)サージカルシステム」が今、注目を集めています。

湘南東部総合病院 泌尿器科では、8月からダ・ヴィンチによる前立腺がんの手術を開始し、確実性の高い、より低侵襲ながん治療が始まります。

ダ・ヴィンチ…この名称、みなさん聞いたことがありますよね。そう、15世紀の発明家であり、画家であり、哲学者であったレオナルド・ダ・ヴィンチの名前です。彼は人体の解剖学に関する研究を進歩させたことで広く知られ、数多くのきわめて精緻な解剖図を作成しヒトおよび比較解剖学の包括的研究の基礎を築きました。これがロボット支援下手術システム「ダ・ヴィンチ」の名前の由来です。

腹腔鏡手術のデメリットを克服

最近の先端医療ではロボットを利用した手術が急速に普及していますが、代表的なものがロボット支援下手術システム「ダ・ヴィンチ」による前立腺がんや腎細胞がんなどの手術です。 いままでは外科医がおなかを大きく切開する手術が主流でしたが、腹腔鏡手術が開発されると術後の回復も良好で、身体への負担もより軽くできるようになりました。しかし腹腔鏡では体内の深い場所での鉗子などの手術器具を精緻に操作することが難しく、術者による技量の差が出やすいことも事実です。こうした腹腔鏡の課題を克服するのが「ダ・ヴィンチ」だと期待されているのです。

今年から保険適用に

ダ・ヴィンチの対象となる手術は、保険適用される以下の2つの術式です。

  • 前立腺がんの全摘出術
  • 腎細胞がんの腎部分切除術

さらに、2018年診療報酬改訂では新たに12の手術に保険適用が決定しております。

精緻を極めた手術の実現

ダ・ヴィンチとはどのようなものでしょうか。ロボットと言っても自ら動いて手術するわけではなく、手術は医師がダ・ヴィンチを操作して行います。

ダ・ヴィンチは自在に動く4本のロボットアームを持ち、その先端には3Dカメラ(内視鏡)をはじめ、電気メスや鉗子などの手術器具が取りつけられるようになっています。手術の際はまず、おへその周囲の腹部6ヶ所に直径1センチほどの小さな穴を開け、そこからカメラや手術器具の付いたアームを挿入します。そして、担当医師が数メートル離れた操作台に座り、カメラで写し出された腹部内や患部の鮮明な3D画像を見ながら、手元のコントローラーを使った遠隔操作で、アームの先の鉗子などを操り、手術を進めます。ロボットアームの先端は遠隔操作する担当医の手の動きと完全に連動していて、医師自らが直接、自分の手でメスを持っているような感覚で手術ができます。患者の傍らには助手の医師、看護師、臨床工学技士が付き、チームとしてサポートします。

医者も患者様もメリットばかり

それではダ・ヴィンチの特徴(利点)を具体的にみていきましょう。

  • 大きく開腹しないので患者への負担が少なく、回復も早い。・術後の「尿失禁」や「勃起不全」の原因となる周辺臓器への損傷リスクが低い。
  • 鮮明に拡大された立体画像は肉眼で見えない細い血管も確認でき、出血量を少なくできる。
  • 人の手以上に緻密で正確な動きができる。
  • 医師は座ったまま手術できるので長時間に及ぶ場合の疲労低減になる。
  • 手振れ防止機能があり正確な手術が実施できる。

さらに今回、湘南東部総合病院で導入したダ・ヴィンチは、国内初の手首まで動かせる最新式で、さらなる操作性の向上と精度の向上が期待されます。

ご相談は泌尿器科外来におかかりください。

ダビンチのメリット
ダビンチ[イメージ写真]

ダ・ヴィンチによる前立腺がん手術の流れ

他院で前立腺がんと診断され、今後の治療を当院でご希望のかた、また健診などでPSA高値と指摘された方は泌尿器科外来を受診して下さい。手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」での治療は以下のような流れになります。

1.お問合せ・外来受診

まずは泌尿器科外来の予約をお取りになり、診療をお受けください。

外来予約 電話 0467-83-9192(予約センター:日・祝除く8:00~17:00)

他院からの紹介状をお持ちの方は、予約時にその旨をお伝えください。

外来診療では、各種検査、画像診断による進行度の把握、前立腺生検の説明、それらに基づき今後の治療について説明をいたします。ダ・ヴィンチ手術の適応と判断されれば、入院に向けた準備に入ります。入院前にも手術に必要な検査等を行います。

2.入院

入院期間は2週間ほどとなります。手術の時間は2時間から3時間ほどです。

手術の翌日には歩行も可能です。

入院期間中のおおまかなスケジュールは以下の通りです。(予定は変更になることがあります)

ダビンチのメリット

3.退院後

外来にて経過を観察します。

紹介元のかかりつけ医へ戻っていただき経過を観察する場合もあります。