内科専攻医

循環器内科

スタッフ紹介 薄葉 文彦・田中 嗣朗・家泉 泰宏
当院の特徴

循環器としては、救急医療からカテーテル治療、心不全治療まですべてを網羅した診療を行っています。
特にintervention治療はPCIが年間約200例、カテーテルアブレーションが年間約60例、末梢動脈に対するPTAが年間約15例行っており、循環器のintervention治療の習得を目指している方に十分な症例数があると思われます。

またスタッフがみな専門医を持っておりますので、指導に関しても問題はありません。
設備のほうも専用カテーテル検査室、循環器病棟、ICUほか充実しておりますので循環器を専攻する上におきましてはすべての研修が可能であります。

専攻医へのメッセージ 循環器、特にカテーテルintervention治療や、不整脈アブレーション治療を専門としていこうと考えておられる方には、3年目からカテーテル治療を行っていただけるような指導体制をとっております。