診療科・部門

整形外科

予約患者様を優先に診察いたしますので事前にお電話でご予約をお願い申し上げます。

Tel: 0467(86)6530

当院 整形外科 東山礼治医師の考案した手術方法が英語の教科書に掲載されました! 当院 整形外科 東山礼治医師が監修した足関節捻挫についての詳しい説明がスポシルという情報サイトに掲載されました! 整形外科の東山医師が考案した前十字靭帯(ACL)再建術が2020年10月発売の新しい教科書(パーフェクト前十字靭帯再建術)に掲載されました。

診療内容・特色

整形外科疾患全般にわたって対応します。特に手術的加療を主として、

  • スポーツ傷害・障害(十字靭帯損傷、側副靭帯損傷、半月板損傷、足関節捻挫、リスフラン靭帯損傷、オスグッド病、疲労骨折など)
  • 膝の疾患(半月板後角損傷、半月板逸脱、円板状半月板、変形性膝関節症、内反膝、外反膝、特発性膝骨壊死、離断性骨軟骨炎など)
  • 足の疾患(足関節不安定症、インピンジメント症候群(骨棘、三角骨)、距骨骨軟骨障害、足根骨癒合症、変形性足関節症、有痛性外脛骨、扁平足、AALTFによる距踵インピンジメント、足根洞症候群、外反母趾など)
  • 関節鏡視下手術(①膝:靭帯再建術、滑膜切除術、半月板縫合術、半月板中央化、半月板後角修復・再建術、②足:靭帯再建術・修復術、骨髄刺激術、滑膜切除術、後足部内視鏡(三角骨摘出術)、腓骨筋腱脱臼に対する鏡視下PGD&DasDe変法、足根骨癒合部切除、足根洞内視鏡、鏡視下関節固定術など)
  • 骨折・脱臼などの外傷

を行っています。

術前からリハビリを開始し、術後も早期からリハビリを行うことで早期回復を目指します。

下肢スポーツ外来

予約患者様を優先に診察いたしますので事前にお電話でご予約をお願い申し上げます。

Tel: 0467(86)6530

足首の痛みの多くは捻挫の後遺症であることが多いです。

東山医師がまとめた捻挫・後遺症の診断と治療についての記事をご覧ください。

東山医師が考案した世界初の関節鏡の手術方法・アイデア

東山医師が考案した幅13~15mmの太さのACL再建術

東山医師の近年における学会活動報告

2018年

国際足関節不安定症学会(5th Ankle Instability Group Annual Meeting)
http://www.chiba-orthopaedics.com/society_report/2531

2019年

台湾の関節鏡・膝学会の夏季および冬季シンポジウムでの招待講演
https://www.fureai-g.or.jp/toubu-clinic/information/20191216_12.html
2nd International Conference Athlete Care & Performance(ICACP)での招待講演
https://www.fureai-g.or.jp/toubu-clinic/information/20191105_11.html

2020年

アメリカ整形外科学会(AAOS) 口頭発表 https://aaos.apprisor.org/epsAbstractAAOS.cfm?id=4

日本足の外科学会 一般演題 「足関節後方インピンジメント症候群と足関節外側不安定症の合併例の手術成績」

第45回日本足の外科学会学術集会

日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS) シンポジウム講演 「足関節内側靱帯損傷に対する鏡視下手術」

ほか一般演題  「三角形状の遊離腱を用いた関節鏡視下前距腓靭帯・外側距踵靭帯・踵腓靭帯再建術(ALC-Triangle)」

「ステロイド注射による脆弱性を背景としたアキレス腱断裂に対して鏡視下FHL移行術とアキレス腱縫合術を併用した一例.」

「自家ハムストリング腱を用いた2重束MCL再建術を施行し良好な中期成績が得られた1例」

「 同種BTBを用いた長方形骨孔ACL再建術と自家薄筋腱を用いたALL再建術を同時に施行した1例」

JOSKAS-JOSSM2020 - 第12回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 / 第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

東山医師、湘南東部総合病院 着任時(2018年11月)のあいさつ

https://www.fureai-g.or.jp/toubu-clinic/information/20181120_01.html
[湘南東部クリニックWebサイト]

担当医師紹介

東山礼治[写真]
東山 礼治
ひがしやま れいじ
整形外科部長
資格・提携
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本スポーツ協会認定スポーツドクター
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 英文雑誌「American Journal of Sports Medicine」のReviewer(査読者) 2015~
  • U17男子サッカー日本代表チームドクター 2006
  • 女子サッカー 清水第八プレアデス チームドクター 2009-2010
  • Fリーグ ペスカドーラ町田チームドクター 2011~2019
  • カルペソール湘南スポーツクラブ 2019~
  • 乃羽バレエスクール 2019~
  • プロレス団体VAMOSTAR(バモスター) 2020~
所属学会
  • 日本整形外科学会(JOA)
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)
  • 日本足の外科学会(JSSF)
  • 日本臨床スポーツ医学会(JSCSM)
  • 日本整形外科スポーツ医学会(JOSSM)
医師コメント

2001年 筑波大学卒、2009年 千葉大学大学院博士課程修了、2011年~ 北里大学整形外科助教
世界初の足首の鏡視下靭帯再建術を複数報告しております。最新で安全な手術で皆様の足首を治療させてください。
膝関節鏡も得意です。前十字靭帯、前外側靭帯(ALL)の再建術で不安なく復帰へ導きます。半月板はなるべく修復して温存し、軟骨を守ります。
北里大学病院骨バンク・同種腱を用いた靭帯手術の経験も豊富です。

関口 裕之せきぐち ひろゆき
整形外科科長
資格
  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリ医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 身体障害者福祉法指定医
医師コメント

2007年 北里大学卒、2018年 北里大学大学院修了、2019年 北里大学整形外科助教(兼務)、膝・足関節外科グループに所属しております。

半月板損傷、外反母趾等をはじめ、足関節疾患に対する鏡視下手術(靭帯再建等)も行っております。

膝、足の痛みでお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご受診ください。

齋藤 広樹[写真]
齋藤 広樹さいとう ひろき
出身大学
  • 北里大学
医師コメント

2014年に北里大学を卒業し、2016年より北里大学医学部整形外科学に所属しております。

2021年4月より後期研修医として茅ヶ崎中央病院に出向し、東山医師と関口医師のもとで一般外来・手術助手等の診療に携わらせて戴く事となりましたので、皆様どうぞ宜しくお願い致します。