医療法人回生会 ふれあい横浜ホスピタルは、ふれあいグループの病院です。

医療法人回生会 ふれあい横浜ホスピタル

045-681-5101(電話受付時間/8:30~17:00 [日曜日・祝日・年末年始(12/31~1/3)除く])

患者様向け情報

診療科案内

そけいヘルニア外来

鼠径(そけい)ヘルニア外来のご案内

「そけいヘルニア」は早めに治療を

人間の身体の「そけい部」とは、太ももまたは脚の付け根の部分を指します。

「ヘルニア」とは、身体の組織が正しい位置からはみ出した状態のことをいいます。

「そけいヘルニア」は、下腹部の腹膜や腸の一部が、皮膚の下に出てくる病気です。

「脱腸(だっちょう)」という言葉で知っている人も多いでしょう。

40代以上でそけいヘルニアになる人には、職業(腹部に圧がかかる仕事など)が関係していることも指摘されています。

イラスト
  • 腹圧のかかる製造業
  • 立ち仕事
  • 便秘症
  • 肥満
  • 前立腺肥大
  • 咳をよくする
  • 妊婦

これらに当てはまる人は、そけいヘルニアになりやすいので注意が必要です。

手術をすれば治る病気です。まずはご相談を!

そけいヘルニアとは、本来は人間のお腹の中にあるはずの「腹膜」や「腸の一部」が、そけい部の筋膜の間から皮膚の下に出てしまう下腹部の病気です。

起立したときやお腹に力を入れた時に、そけい部が膨らんでくることで気付くケースが多く、時に痛みや違和感をともないます。

腸が脱出し続けた時に腸閉塞を起こすこともあります。

「恥ずかしい」との思いが先立ち、受診を控えてしまう人が現在でも多いようです。

しかし、そけいヘルニアは手術をしなければ自然には治りません。

当院では、消化器外科外来にて、そけいヘルニアをはじめとした腸の悩みやお腹の不安などの診察・治療を行なっております。

ご遠慮なくまずは当院へご相談ください。