看護部門の紹介

地域に密着し、心ふれあい看護を大切にします。

看護部ではその人がその人らしく生きる為に、思いやるのあるきめ細かな看護を提供できるよう、個別性看護、継続看護、救急医療外来看護の実践の充実に努力しています。 病気を回復する上では、患者様の生活環境が重要です。 ゆとりのある空間やアメニティを大切にし、安心して療養できるよう、清潔で安全な環境作りを心がけています。

また、看護職員が看護を実践し、地域の皆様や患者様に喜ばれることで、やりがいを感じ自己啓発につながります。 個々のめざす看護、学びたい看護実践を通して、院内・院外の研修に積極的に参加していただき、自己研鑽に努めることで、看護職員の質的向上に力を注いでいます。

看護部の方針

  1. 人権を守り安全で快適な環境を整え、個々のニーズに合った満足度の高い看護サービスに努める
  2. 地域に役立つ病院として、在宅支援システムの整備・充実を図り連携体制を強化する
  3. 良質の医療と看護が提供できるよう、教育体制の充実と自己研鑽に努める

[写真][写真]

看護部の人員構成

看護部の人員構成[図]

このページの先頭へ戻る
  • ふれあいグループ