教育・研修制度

プリセプター・スーパーバイザーがしっかりフォロー

グループの各施設において急性期から慢性期、在宅と幅広いトータル医療を提供しているため、看護師として患者様の一生すべてにかかわっていく姿勢が求められます。 「人を尊び、命を尊び、個を敬愛す」という理念のもと、患者様の個別性を重視した看護を実践するため、スタッフ教育に力を入れています。

新人教育はプリセプター、相談役となるスーパーバイザーと3人でチームを組んで行ないます。 困ったときや悩んだときにいつでも相談できるように、シフト調整をしてしっかりフォローしていますので安心です。

次のステップとして、専門ナースの育成のためにステップアップ研修を実施しています。 看護師が自ら求めて学ぶ教育体制を通して急性期・慢性期ともに指導を受けながら、自分が学びたい看護を明らかにしていきます。 各課程を修了したスタッフは指導者として活躍できるよう、バックアップしていきます。

また、看護協会をはじめとする公的機関主催の研修を毎年多くのスタッフが受講しています。 院内においても毎月具体的なテーマを提示しながら、充実した現任教育プログラムを用意しており、院内感染、事故防止、看護記録など、実際の看護の現場に生かせる知識・技術の習得をめざします。

現任教育体制

現任教育体制[図]

新人教育[図]現任教育[図]

[写真]

このページの先頭へ戻る
  • ふれあいグループ