ED外来 (完全予約制です)

「駅近!」「短時間!」「1錠から処方!」「 当院での処方はすべて安心の正規品!」

受付時間

9:30~13:00/14:30~17:30(内科外来と同じです)

  • ※土曜日は休診となっております。
  • ※完全予約制ですので、当日の予約・受診はお受けしておりません。
  • ※再診の場合、電話にて「処方希望」と言っていただければOKです。

診察の流れ(初めての方)

  1. 翌日以降のご予約
  2. 来院後、問診票のご記載
    診察(お薬の説明注意など)
  3. ご処方(院内です)
最短10分

診察の流れ(2回目以降)

  1. 翌日以降のご予約
  2. 来院後、問診票のご記載
    (医師の確認・診察)
  3. ご処方(院内です)
最短5分
  • 問診票は2回目以降は簡単です(希望の薬・錠数など)

PDF形式ファイルについて

PDF形式ファイルをご覧になるためには、Adobe Reader(旧:Adobe Acrobat Reader)が必要です(無料)。 ご使用のパソコンにインストールされていない場合には、「Get Adobe Reader」のボタンをクリックして、ダウンロードしてください。

Get Adobe Reader

治療薬と費用

製品名 費用(税別)
バイアグラ 25mg錠 1,235円(友の会価格 1,185円)
50mg錠 1,440円(友の会価格 1,390円)
シアリス 10mg錠 1,650円(友の会価格 1,570円)
バイアグラ[写真]
シアリス[写真]

バイアグラとシアリスの違いについて

  • バイアグラは即効型で、服用後1時間程度から性的刺激を与えることで効果が現れます。最大4-5時間程度まで効果が持続します。
  • シアリスはじわじわと長時間型で、服用後3時間程度から、またより自然な感じの効果が出ます。10mg錠でほぼ24時間効果があります。
  • シアリスの方がほてりなどの副作用は少ないです。
  • バイアグラは食後の内服は効果を弱めますが、シアリスは影響を受けにくいです。

お薬選びのアドバイス

どちらが優れているというよりも、ご自身にとって、どちらが用途に適しているか、と言う観点で選ばれることをお勧めします。両者を使ってみてご自身に合う方を選ばれる、または場合によって、両者を使い分けるなども一つの方法かと思います。

ED治療薬を服用する際の注意点

  • 性的刺激があってはじめて効果が出ます。
  • 1日1回までの服用です。
  • 自動車や機械の運転操作には注意してください。
  • お酒との併用は可能ですが、飲みすぎると逆効果です。
  • 血管を広げる作用があるため、頭痛が生じる場合、半分に割る、またはあらかじめ鎮痛剤を併用するのも方法です。

合併症のある方の注意点

バイアグラ シアリス
心筋梗塞の既往のある方 発症後6か月以上経過していれば可能です 発症後3か月以上経過していれば可能です
脳梗塞・脳出血の既往のある方 発症後6か月以上経過していれば可能です 発症後6か月以上経過していれば可能です
高血圧の方 収縮期170/拡張期100以上は処方できません。
降圧薬でコントロールできていれば可能です
収縮期170/拡張期100以上は処方できません。
降圧薬でコントロールできていれば可能です
網膜色素変性症の方 処方できません 処方できません
透析中の方 処方可能です 5mgまたは10mgを
慎重投与可能です

他の薬を飲んでいる方

硝酸剤
(貼り薬も含む)
処方できません 処方できません
抗不整脈剤 アンカロン錠、アミオダロン錠を飲んでいる方は処方できません 不整脈が安定している方なら処方可能です
抗生剤・抗真菌剤 処方可能です
(一部併用注意があります)
処方可能です
(一部併用注意があります)
抗HIV剤 処方可能です
(併用注意ではあります)
処方可能です
(併用注意ではあります)
肺高血圧症の薬 アデムパス錠を飲んでいる方は処方できません アデムパス錠を飲んでいる方は処方できません