診療科・部門

腎臓内科

診療内容・特色

透析スタッフ[写真]
透析スタッフ

腎臓内科

慢性腎臓病(以下CKDとする)は、生活習慣(高血圧、糖尿病等)に深く関連し、現在およそ1300万人(成人の8人に1人)が罹患していると言われております。
腎臓病の多くは無自覚のまま発症し、ゆっくりと進行し、放置すると不可逆的な「慢性腎臓病」となります。CKDが進行すれば透析療法が必要となります。
当院では、透析を回避するためにCKDの早期から一貫した治療が可能であり、また透析が開始となった際も、急性期病院での利点を生かし、合併症を含めた全身精査・治療が可能です。
当院の医師、看護師、臨床工学技士は患者様のお話に耳を傾け慢性疾患と上手にお付き合いできるようお手伝いをさせて頂きます。

主な取扱疾患

慢性腎臓病 ステージ3-5、急性腎不全、蛋白尿血尿の患者様いわゆる検尿異常の患者様
腎臓の腫瘍は泌尿器科に紹介をお願いします。血液透析を受けていて当院が近いような患者様はご紹介ください。

主な検査・設備・専門外来など

腹部エコー で萎縮腎であるか腎後性腎不全の診断 血液検査・腎生検で慢性腎臓病の原疾患の診断をしています。

担当医師紹介

細江 佳子ほそえ よしこ
資格
  • 日本内科学会認定医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医
  • 日本抗加齢学会専門医
医師コメント 尿所見異常から透析療法に至るまで、さまざまな段階の腎疾患に携わってまいりました。
また近年増加しております糖尿病の合併症としての腎症にも診療経験がございます。腎疾患につきまして、ご不安なことがありましたら、ご相談ください。
徳田 崇利とくだ たかとし
資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本透析医学会透析専門医
医師コメント 維持透析の患者様だけではなく、保存期腎不全の方の治療も行っています。
患者様ひとりひとりの話をよく聞き、共に考え、丁寧な説明を心掛け、心身ともに快適な医療が受けられるお手伝いができるよう努めてまいります。