医療法人社団康心会の基幹病院です。
医療法人社団 康心会は、ふれあいグループの法人です。

湘南東部クリニックはコチラ

【代表電話】0467‐83‐9111

【予約電話】0467‐83‐9192(8:00~17:00)

【救急受付】0467‐83‐0099(24時間)

お知らせ

2019年12月に英語論文Arthroscopy Techniques(関節鏡手技)に当院整形外科医師 東山礼治が世界で初めて考案した手術方法(解剖学的足関節鏡視下前距腓靭帯(ATFL)修復術と再建術の併用術 Anatomical Arthroscopic Anterior talofibular ligament Repair and Reconstruction using a free tendon)が掲載されました。

2019年12月に英語論文Arthroscopy Techniques(関節鏡手技)に当院整形外科医師 東山礼治が世界で初めて考案した手術方法(解剖学的足関節鏡視下前距腓靭帯(ATFL)修復術と再建術の併用術 Anatomical Arthroscopic Anterior talofibular ligament Repair and Reconstruction using a free tendon)が掲載されました。単なるレムナント(遺残靭帯)の温存ではなく、レムナントに糸もかけて修復し、かつ再建靭帯(グラフト)と同時に緊張をかけて固定します。足首の動きが固くならないよう足首を底屈位(伸ばした姿勢)で固定することが重要です。この手術によって強い靭帯となるだけでなく、固有感覚の回復、靭帯のリモデリングの促進、長期の安定性などが期待されます。

どなたも無料で閲覧可能です。ときどき感じる足首の内側や外側、アキレス腱・踵の近くの痛みは、捻挫の後遺症のことがあります。悩まれている方はこの手術で治る可能性があります。当院整形外科までどうぞお越しください。

①英語論文へのアクセス

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2212628719301847

②手術動画へ直接アクセスする場合はこちらです。英語での解説付きです。

https://ars.els-cdn.com/content/image/1-s2.0-S2212628719301847-mmc1.mp4

③2019年3月に掲載された前距腓靭帯(ATFL)/踵腓靭帯(CFL)再建術の英語論文・ビデオ付きはこちらです。症状に応じて手術方法を適切に使い分けております。こちらも合わせてご覧ください。

https://www.arthroscopytechniques.org/article/S2212-6287(18)30181-6/fulltext

東山礼治[写真]
東山 礼治ひがしやま れいじ
資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本体育協会認定スポーツ医
  • U17男子サッカー日本代表チームドクター 2006
  • 女子サッカー 清水第八プレアデス チームドクター 2009-2010
  • Fリーグ ペスカドーラ町田チームドクター 2011~
医師コメント

世界初の足首の鏡視下靭帯再建術を複数報告しております。最新で安全な手術で皆様の足首を治療させてください。
膝関節鏡も得意です。前十字靭帯、前外側靭帯(ALL)の再建術で不安なく復帰へ導きます。半月板はなるべく修復して温存し、軟骨を守ります。